サービス事例
サプライチェーン可視化「配送ルート最適化」

サプライチェーンの現状

  • 典型的な サプライチェーンの構成要素
  • 生産プロセスは自動化が進んでいるが、全体を通してデータが活用されているわけではない
  • 中でも流通は結構根性論で、配送ルート等が最適化されているとは言えない

戦略的ルートデザイン

キャパシティ・サービス・業務ルールを勘案しながらコスト・稼働率最適なルート策定

  • ドライバー稼働可能時間・レギュレーションの勘案
  • 稼働時間・配送可能時間を考慮
  • 復路混載を加味したルートデザイン
  • ルート優先付け

事例

1箇所の基地から出ている複数のルートを、倉庫と集配先と車両の関係性を計算し組み直す事でコストダウンに成功。例えば10台で周回していたエリアを8台に集約統合する事で-20%程度の恒常的なコストダウン効果。
毎日発生する訳ではない集配先に立ち寄る確率を機械学習モデルによって計算し、フィードフォワード制御によるダイナミックなルート組み換えが可能。
参考文献: Uberはなぜ地図を六角形で埋めるのか

サプライチェーン可視化:その他のユースケース

  • ネットワーク最適化
    エンド・トゥ・エンドでサプライチェーンネットワークをデジタルモデル化し、現状ネットワークの最適化。新規サプライチェーン戦略を最適化。
  • 新規拠点探索
    サービス・必要拠点数・既存拠点配置を勘案した新規拠点配置ロケーション・近隣都市・必要数を分析。

PROJECTS LIST